> > 先輩社員の声

先輩社員の声

商品企画部

企画デザイン課

私はパチンコが大好きです。企画から携わり、デザイン画の作成からはじまり役物やパチンコ台全体を具体化していくことが仕事です!
グループコンセプト及び意見など考慮して形にしていきますが、途中困難になることが多々あります。これをいかにクリアするかが面白く腕の見せ所です。
いろいろと細かいことを考える方、デザイン及び設計構想が好きな方には適した仕事です。

ゲージ企画室

パチンコのプログラムを作りたいと思って入社したら「ゲージを担当してみないか」と上司の一言。ゲージのことは何もわからず不安でしたが、今ではこの仕事でよかったと心から思っています。
ゲージ、いわゆる釘の配置はパチンコの命。何時間もずっと釘や玉の動きを見ながら仕事をするのは忍耐力が必要ですが、自分が出したデータと玉の動きが一致すると気分がスカッとします。オフの日はもちろんパチンコ!他の機種を研究しながら楽しんでいます。

企画設計室

パチンコの液晶やLED演出の出現率を決定する際の土台となる振分表や、振分抽選フローを作成するという重要な業務を担います。
企画室の意図した演出振分を可能にする為、仕様書での確認や話し合いにより、振分抽選フローを決定していきます。
今のパチンコ台は、お客様に長く楽しんでもらう為にとても複雑ですが、そういった仕様を実現する為のアイデア出しにはとてもやりがいがあります。また、パチンコの細部を気にしながら、今までと違った目線で打つことが出来るので、もっとパチンコを好きになると思います。

商品企画課

パチンコが好きで遊技する時は自分ならどうするか?をいつも考えていました。
企画に入り今までは頭で想像していただけの演出を形にするのは想像以上に難しく頭を悩ませる日々ですが、それらが組み合わさってパチンコ機が完成していくのはとても面白く、やりがいを感じます。
自分の作った機械でお客さんに楽しんでもらい話題になることを目指して頑張っています。

サウンド企画課

パチンコ台の音全般に関わる業務を行っています。
全員が曲、効果音制作を行えますが基本は外注制作会社と協力しながら進めます。音の知識はもちろんですが、ビジネス面や、企画と音の方向性を打ち合わせる事において、パチンコを良く知っている事も重要です。皆さんよく勘違いされるのですが、パチンコのサウンドは作曲能力よりも効果音制作能力の方が重要です。
新しい発想や感性豊かな仲間と一緒にお客様に楽しんでもらえる音を作っていきたいと思います。

制御企画室

プログラムの専門学校を卒業する時、「みんなで楽しくモノ作りができたら」とこの会社を希望しました。思った以上に自由な社風で、企画室内はもちろん、他の課との風通しもよく仕事がしやすいです。
商品企画と話をしながらパチンコ台の大当り、出玉に関する重要なプログラムを作るのですが、自分で決められる範囲が広く、意見をそのまま取り入れてくれることも多く、やりがいを感じます。
自分が作ったパチンコ台が世に出て、自分もお客さんとして打つ。その瞬間が一番嬉しいです

管理設計室

パチンコ台は多くの方々と一緒に作り上げるため、一つの作業の遅れが全体の遅れに繋がります。そのため作業を円滑に進めるためにスケジュールを意識しています。
液晶演出、役物演出、LED演出等、パチンコ台で目立つ所はサブ制御が行っており、いまやパチンコ台においては、非常に重要な役割を担っており大変ですがやりがいもあります。自分が作った役物演出がパチンコ台に搭載され、商品としてホールで実際に遊技されているのを見ると嬉しさと共に「次はもっと良いパチンコ台を作るぞ!」という気持ちが湧き上がってきます。

品質管理室

品質管理室はパチンコ台の品質を向上させる事が主な業務です。
遊技者に楽しく遊技してもらうためにパチンコ台を万全な状態で遊技して頂ける様に意識しています。
スケジュールを考慮しながら液晶上の演出はもちろんのこと、LED演出や役物演出の検査を行う為、作業量が多く大変ではありますが、この部署がパチンコ台を世に送り出す前の最後の砦を担っている事から、責任感の強い方が向いている業務だと思います。

コンテンツグループ

今やパチンコ機には欠かせないものとなったアニメやゲームなどの版権の取得に向けた折衝を行なう部署です。広報関係の業務とも関わりが深く、発売時期に向けていかに話題性を上げていくか等、プロモーションの企画にも携わるため、苦労も多いですが非常にやりがいのある楽しい仕事ですね。

研究開発部

電子開発課

中途ですが、入社動機はずばり「おもしろそうだから」。以前も他の回路設計の仕事をしていましたが、好きなパチンコの回路の設計ができたら楽しいだろうな、と思ったのです。
大当りを抽せんする基板やLED回路の設計を担当していますが、不具合が出た場合でも課内で相談しながら試行錯誤。うまくいった時は「やった!」と楽しくなりますね。今はまだ手伝ってもらうことも多いですが、いつかどんな基板や回路も自分だけで設計できるようになるのが夢です。

機構開発課

商品企画から上がったデザインをもとに、パチンコの全体的な構造を設計し形にしていくのがこの部署の仕事です。
パチンコ部品を設計して、試作品を作って動く部品がスムーズに可動するか検証したり、パチンコの玉がうまく流れるように部品の形状を調整などしていますが、うまくいった時の喜びは計り知れないほど大きいものですね。
また、パチンコの製品化に向けてコストや開発のスケジュール管理など常に全体を見ながら仕事を進めなくてはならないので責任は大きいですが、その分やりがいも充実感もあります。

申請書類課

できあがったパチンコ台が試験機関の試験に無事通過するための資料作成は、わずかなミスも許されません。万が一ミスが起こったら、なぜそうなったかをとことん解析し、より一層チェック体制を強化するなどの対策を図ります。大変神経を使う仕事なので、リラックス法もちゃんと心得ています。
中でも一番はやっぱり仕事仲間とパチンコの話をすること。好きなパチンコの話で盛り上がれば、「よし、また頑張ろう!」と仕事への集中力も高まります。

開発管理室

人員は1名ですが、開発にも製造にも経理にもコンタクトを取る必要がありますので、連帯感を持って仕事ができています。
 所属は開発ですが、その枠を超えた業務の広がりもあるので、その点ではやりがいがあります。
発足間もない部署ですので、色々な面でまだまだ整備されていませんが、逆にこれからコスト集計という業務で色々なアプローチができると思うので、楽しみな部署とも言えます。

特許部

特許推進課

開発段階でのアイデアや個々に考えた提案などから発明のポイントを見出して、出願内容を考えて特許申請室や特許事務所に依頼をすることや、得られた特許権を他社が使用しているかどうかを調査することが、主な仕事です。
特許権を得るまでにはある程度の期間を要しますが、他社が使用していそうな特許権が得られたときの達成感は大きいですね。
また、発明者に特許権が得られたことを話した際に喜ぶ姿を見ると、こちらまで嬉しくなります。

特許申請室

特許申請室では、特許推進課が社内から吸い上げた技術やアイデアに基づいて 、特許庁への申請から権利を獲得するまでに必要な種々の書類を作成しています。私は入社以前にパチンコの経験がほとんどなく、その点若干の不安はありましたが、何事もやる気です。先輩や上司の指導の下、日々必要な知識を吸収しています。
特許庁へ提出する書類の作成では、言葉選びに特に神経を使いますが、他社が使用する権利になるかどうかはそこで決まるので、やりがいを感じますね。

管理部

経理課

入金処理や手形、小切手の集計などは主にエクセルを使って処理をしますが、学校で習ったことがそのまま活かせるのでとても充実感があります。経理の仕事は波があり、特に月末月初などは一気に仕事が押し寄せるので気持ちもあせってきます。
でも困った時は優しい先輩や上司が教えてくれるので、新卒入社の私でも安心して仕事に取り組むことができます。まだまだ覚えることは山ほどありますが、1つ1つの仕事を着実にこなせるように力をつけていきたいと思います。

秘書課

役員の方と一番接する機会が多い部署です。
日々の役員スケジュールを管理して、効率よく仕事が運ぶようにいろいろ工夫しています。
会社行事などで多くの業務を終了した時など、役員の方から直接『ごくろうさま!』『ありがとうね!』とやさしい言葉を掛けられたときとっても嬉しいです!
社長をはじめ役員の方はとっても私たちを大切にして頂いています。
他の部署の方も、やさしくて私たちが忙しい時は、進んでサポートしてくれて助かります。

総務課

総務の仕事は幅広く、主に勤怠管理、人事業務、総務業務の全般を担当しています。
会社という組織が円滑に活動するための、"縁の下の力持ち"的な業務だと思っています。
人事業務の分野では、採用から退職までの業務を行っており、各種保険の手続き等で個人情報や重要書類を扱う事が多く、緊張の連続ですが、日々学ぶことが沢山あります。やり終えたときにはとても達成感があり、やりがいを感じます。その他、総務業務の分野では、各部署のサポート業務もあり「ありがとう」と声をかけてもらった時はこの仕事をやっていて良かったと実感できます。自分自身が積極的に学んでいく意識があればどこまででも知識を増やし、能力を伸ばす事ができる課だと思います。

システム管理課

社内のネットワーク、サーバー、PC、メール、ソフトウェアといった IT 資産の管理、セキュリティの管理、社内システムや Web サイトの構築および様々な業務支援を含むヘルプデスクといった業務を行っています。
私たちの仕事は正に「縁の下の力持ち」。「PC の調子が悪い」「操作がわからない」など様々なトラブルに対応するのは大変です。しかもメンテナンスは仕事に支障がないお昼休みや夜にすることが多い。時には休日出勤することもあります。
でも「ありがとう」と喜んでもらえると嬉しいですね。すべての部署と直接係わっているのも楽しい。会社の仕事を支えていると実感できます。

営業管理部

営業管理課

パチンコ台は競合他社と販売時期が重なるのが常。いかに高尾の台がすばらしいか、販社向け説明会用の営業資料を作成して営業をサポートするのが今の仕事です。夜遅くまでかかって資料を作るのは大変ですが、「ここが売れるか売れないかの分かれ道だ」と思うと、がぜん仕事に力も入ります。こうした努力が実って見事、営業目標が達成できた時の喜びは何物にも代え難いほど。常にチャレンジ精神を忘れず、目標に向かっていきたいと思います。

営業戦略部

広報宣伝室

とにかく仕事はすべて楽しいですね。パチンコの機種ごとのパンフレットやDVD、WEBの制作や会社の広報活動を行ったりしていますが、自分で企画したことが実現すると本当に嬉しいです。考えた企画や提案がすぐに上司や役員の元へ渡るので決裁も早い。また実現率も高いからやりがいもあって「よし、またいい企画を出そう」って気持ちも弾みます。これからも人の心に響くいい広報活動で、高尾のパチンコ台をより多くの人にPRしていきたいですね。

営業企画室

主たる業務は事業計画の策定・有効となる施策および年間・月間の予算・実績の進捗管理・差異の分析を行い、どのように営業していけばいいかの方針を営業マンに伝えます。企画や提案をして自分の意見が通った時にはすごくやりがいを感じます。
もう一つの重要な業務は自社製品、他社製品を問わず注視し、広範囲でマーケット情報の収集を行います。常に変化する市場を睨み、市場分析・検証活動をすすめることにより開発本部へのフィードバック機能をもつことで計画・立案に反映させることも重要です。
営業マンと共に目標達成ができる事に喜びを感じ、この仕事をやっていてよかったなと思います。

営業戦略室

営業戦略室では、営業開始から納品までのスケジュール調整をおこなっています。営業に関する分析・立案・サポートなど多岐にわたっておこなっていきます。

営業推進本部

各拠点

お客様であるパチンコホール様のベストパートナーとして様々な情報提供を行います。全国のホール様に訪問し新製品の提案からフォローまでがメインの仕事です。社内で唯一お客様と接する部署ですので、他部署との情報を共有して開発に反映できるように繋ぐことも重要な使命の一つです。自身でも成果を挙げた瞬間というのは、高揚感に包まれます。
顧客である、パチンコホール様には立地、顧客層、規模、などの条件、経営方針など様々です。営業マンは製品の販売に留まらずコンサルタントとしての機能も求められます。
1件でも多くホール様に高尾のパチンコ台を届けることができるよう、全国の拠点にいる営業マンと協力し目標に向かって日々頑張っています。

製造部

製造課

パチンコ台の製造には繁忙期と比較的落ち着く時期があります。私の担当しているパチンコ台のリユース検査が繁忙期と重なると大変ですが、どんなに忙しくても笑顔を忘れずに頑張っています。それというのも、入社時の面接で専務を始めとする役員の皆さんから「その笑顔がいいね」「会社が明るくなるよ」といわれたから。以来、いつも笑顔を絶やさずに仕事をしようと心がけています。その影響でしょうか?工場内はいつも明るく和やか、仕事もどんどんはかどります。

資材課

入社当時はみんなとうまくやっていけるかどうか心配でしたが、先輩達に仕事を教えてもらったり、また大変な時には助けてもらったりもして不安はすっかりなくなりました。工場では全員が協力し合って働いています。例えばパチンコ台を大量に生産するときは製造の人に交じって資材もラインに入ります。反対に資材の仕事を製造の人が手伝ってくれることも。みんな本当に仲がよくて、工場全体がまるで家族のよう。アットホームなこの職場が大好きです。